--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年10月27日(金) 記事No.124
リアル中継
今回は小雪姉さん回・・・というよりもたまちゃんの回
たまの正式名称が初めて出たし…
珍しく、りらっくすネタが登場……。しかし、この時点で伊吹がいないため黒たまは発生せず。
また、こねた奴の性格がモロに出るのはいいけど、声まで同じとは…w
このタマちゃんが問題がを発生するわけで、杏里オチではないだけ進歩した?
ワンドって魔法で作るんだ(お気に入り?のものを媒体に)ある意味、使い魔の召喚みたいだな。
しっかし、たまちゃんに対する行動がなんか違和感あるな…ゲームでは面白おかしく苛め抜くはずなのに、今回は愛情に溢れているような~

ダウジングロッドの助さん・角さん達まで出てくるし…って笑いネタないままおわりなのか…というか、今回はエプロン常備だし…それでも四次元ネタがないし…


総評
やはり、原作と微妙に違うな~
ゲームでの笑いネタを描かれていてもただそれだけだし。
雄馬は魔法に関することはかなり悲観的だし…ここまでなはずはないんだがな…
次回はまたもやオリジナル番外ストーリー
某兄妹もきます…が、ゲーム本編通りの話っていつになったら再開?
ついでに夏服仕様になる模様…ゲームではなかったから今回が初?








hapinesu4-1.jpg

hapinesu4-2.jpg

hapinesu4-3.jpg

hapinesu4-4.jpg

hapinesu4-5.jpg

スポンサーサイト
アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

2007年09月03日(月) レビュー・評価:はぴねす!/第4話 消えたタマちゃん
品質評価 13 / 萌え評価 20 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 2 / シリアス評価 20 / お色気評価 6 / 総合評価 10レビュー数 45 件 ある日、すももが突然小雪が部長を務める“占い研究会”に入部したいという。どうやら、部員が小雪一人だと知り、部員がたくさんいた方が楽しいか
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。