• 2006年11月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年11月29日(水) 記事No.160
めっちゃ適当になっていると思われるこのブログ
これも一番メンドイレポートの番なのでそのせいもありますが……

パラハラみたいな実験嫌いだ・・・


来週には50枚近く書かなければいけない予定なので年末までは暫く適当モードかも

スポンサーサイト
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月28日(火) 記事No.159
解散ですか?と言うより、Aパートはすれ違いでした。
ま、解散なんて実際にあるわけないんですけどね?
劇中に出来た歌は……まぁ、声優らしい歌なのですが、桃井がキャラ的(ツンデレ)ではなく、妹系でうたっているように聞こえてしまったのは駄目人間の証なんでしょうね~

結局は歌に気持ちを……心からの気持ちをこめて歌えてなかったから今まで駄目だし&デビュー延期になってたと、このまえから芸能界にいたやつもいるのによくそのときやってこれたなww

つ~か、マネージャー毎度毎度らぶドルの大半の奴に好かれているな~
ありえるか!!
まぁ、奴が本作の主人公みたいなものだから必然的にそうなるのかもしれないが……
(電話介入で終わったが)あやとキス未遂までやったのは、初代ヒロイン(一期のメインヒロイン?)たるゆえんかな?
rabudoru9-1.jpg

男のシャワーシーンほどむなしいものはない
未分類 |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月27日(月) 記事No.158
今回は短縮レビュー
今回は由香里の当番回。
奏の演劇(文化祭用の)話を絡めていますが概ね原作チック……と思ったら、一子が結構でてますね。このときには本来既にいない子なので、if感覚で見させてもらいました。
特に、それぞれのキャラの接し方は違うものの、誰もが由香里を心配していた?所でしょうか。

他のキャラの話を消化するのもいいが、最近まったく紫苑の印象がないのだが…次回もまりや当番回(文化祭話)みたいだし…って文化祭関連でまりやさんネタ豊富だっけ?
むしろ貴子話だったような?
アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月25日(土) 記事No.157
Really?Really!をやりつつめんどい教授のレポートを同時にやっているので昨日今日書いてませんね~
柑橘商法?(造語)にめちゃくちゃ引っかかってますが、そこらへんはむしって置いてください。
つ~か、リアリアは意外と難しいっすよ…キーワードにどれを選べばわからないし~ゲームオーバーはホモエンドちっくなので……

ゲームは完全に同声優ネタや同会社製品ネタばかりですね~
まるで、枕のH2Oと同じ感覚を得ています。


詳しくは後日レビュー書くとは思いますけど、数年たっている性か声がシャッフルのとなんか違和感があるな(=~=)/
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月23日(木) 記事No.156
毎度のことながら濃い歌ばかり歌ってきました

とはいえ、今回は初歌い曲が中心

シャルシェ
蒼い炎
Imitationなどなど・・・

とりあえず、自分は男の低い歌は無理なので、大抵は男ボーカルの比較的高いと言われている人たちや女性ボーカルの低い音程のひと(アルト?)中心なんですけどね~~
それでも、音程によって声色が変わってしまうことがよくあるのでこれからはそれがなくなるようにする努力をしないと…


因みに、行ったところはカラ鉄・・・個人最高得点は89ってめちゃ低いですw
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月22日(水) 記事No.155
本館では必死になって?PCゲーム・ライトノベルのレビューを書いているんですが、アクセス履歴をみるとこん僕やマテリアルクライシスからなどで検索して見に来ている人がいた模様です…
つ~か、こん僕で6位、マテクラで2位ってマテヤコラ
俺みたいな弱小HPよりももっとあるべきではないのか??と思いつつ・・・…

いい加減に相互リンクお願いしようかしら?冬休みになったらやろうw
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月21日(火) 記事No.154
だからといって特に何もない講義のある日でした。
講義時間が教授の諸事情により半分になるサプライズはありましたが……
ま、これくらいの年齢の誕生日なんてこんなもんですよ
一応、正式に税金徴収される歳になってしまいましたよ
ネタでボジョレー(ワイン)でも飲もうかと思いましたが、ワインってそもそもがぶ飲みするものじゃね~し、酒に金なぞかけたくないので、結局何もしない方向で………


これから老いていくのみですよ……どうしようw
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月21日(火) 記事No.153
画像が着たのでレビューっす

10月になり、学校では冬服に衣替えの季節となった。
それと平行して服装チェックを生徒会が実施していた。そこで奏のリボンは大きすぎるなので外しなさいと警告を受けた。
もちろんまりやは猛反発だが、瑞穂はどちらの意見も正しく思え何もいえなかった。その後色々な人達の意見を聞き、奏自身、そしてリボンに秘められた過去を聞き、奏を守ろうと誓う。
そこで目をつけたのが生徒会則付第三項だった。




この話自体はおとぼくないでは個人的に好きな話なんですが、なんででしょう……めちゃくちゃあっさりしてませんか?
討論タイムってこんなに短かったかな??
瑞穂が奏のリボンをつけただけで満場一致で決まるのなら、貴子本人の前でやった方が早かったのでは?(それでは話がおかしいか……
つ~か、リボンが似合わないな~(男なんだから当たりまえかw

また、貴子は味方か敵かで判断する毛があるようだが、瑞穂の言動・行動はどっちつかずであり、悩みの対象であった……
まぁ、瑞穂の正体がわかれば色々な意味で敵かとww




otoboku7-1.jpg
otoboku7-2.jpg

otoboku7-3.jpg
otoboku7-4.jpg

アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月21日(火) 記事No.151
イベントに張り切るメンバー達。
しかし、会社は瑞樹のみをソロデビューさせるといいだす。
それは、他の三期メンバーには大切な何かが足りないからであった…
そんな中瑞樹の曲が完成し、皆で歌の練習を始めた日に一期生の日渡 あやが来て……

足りない何かって「心」かな?
聴き手に何かしらの感動とかを得るようなものがないってこと。
実際、瑞樹は路上ライブをやっていたし、現に感じるものがあるから多くの人が立ち入ってしまったんだろし。
他のメンバーはある意味温室育ちなので、聴き手のことをあまり考えていないんでしょうね(別にファン=金ヅルってわけでもないが)
どうやって、彼女達がそれを得るかが最後の課題なんだろうね


rabudoru8-1.jpg
rabudoru8-2.jpg

rabudoru8-3.jpg
rabudoru8-4.jpg

アニメ |  トラックバック(2) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月20日(月) 記事No.150
チバTVでの録画は画質が荒れてしまったので、MX待ち…

翌日、らぶドルと一緒に書く予定・・・
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月19日(日) 記事No.149
本日の殆ど家にいたのでネタがまったくないっす(って家にいるのはいつも通りか
と言うより、昨日みたいなネタには早々会いたくはないですが……
今日は珍しく既にレポートが終わっていたので、自堕落にふけっていました。
要するにずっとゲームまたはそれに順ずることをしていたわけですが……(違うと言えば、次回レポート用の資料を図書館に行ったことくらいですが。
ゲームはオレンジポケット、TIGER QUEST IV -Full Moon Edition-、空の軌跡FC……見事にタイプが全然違いますね。
エロゲー、同人ゲー、一般ゲーですもの…共通点はPCゲームってこと位でしょうか?
オレンジポケットについてはレビューを本館でレビューを書く予定でしたが、ゆるすぎますよ…
月末にリアリーリアリーがでるのでもしかしたら書かないかも^^;
つ~か、本のレビューが異常に辛いのは私だけ??(毎回、まとまらないんよ

では、おとぼくでもみるかなw
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月18日(土) 記事No.148
本来は書く気がまったくない本日だったのですが、レポが終了したのとある駅構内で見たことを話します(と言うか晒したいから


1300時、大学へ向かうために某メトロ線からJR線への乗り継ぎ時間待ちが10分くらいあったので、構内にある本屋へ向かうことに……
買う本はなくても、読みたい本を調べるために行ってるんですけどね。
二ノ宮の新刊が出たんだな~今度国会図書館に行ったな読もう……、と思いつつ自分の乗るJR線の所へと向かおうと思いエスカレーターに向かいながらふと上を見上げると……

Σ(゚д゚lll)ガーン
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!


高校生カップルがkissってました…DEEPで……しかも長い模様(俺がエスカレーター乗る前からしていたようなので……
昼間ですよ……公衆の場ですよ…
渋谷とか原宿とかならまだしも一地方でそんなことしてるんじゃないさ!!

そういうことのためにあそこの駅には○○ホテルが多いんじゃないのか?・・って奴らは制服だから無理か…



こんな行為に若者はふがいないとか思ってしまう自分って駄目でしょうか?(そもそも俺も若者の一員か…駄目な方の
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月17日(金) 記事No.147
前回に引き続き、伊吹ネタ
単純に伊吹にコスプレさせたいがために起した話のようにも思えます。
伊吹とすもものうさみみ巫女は原作でもありましたが、集団コス&ボーリングはなかったかな?
ただ、男まで同じコスさせるのは流石にどうかと…
無駄毛の処理がしてあるだけましか


伊吹はどうにも感情に乏しいと言うより、きつく当たるのがデフォのためなんとも言えない状態ですね(がぞうもアレだし
本来原作ではプロローグの時点で学園に来る理由なのを伏せつつもあるというのを説明しているんですけど今回の春姫の呪文(始動キー)を聞くことでやっとつながりがあるような伏線がでたね。

このまま戦闘らしいものがあるのか…某母さんの正体が(w)いつわかるのか!!ここらへんが問題かと

ってか、すもも母、何故に杏璃の制服を着ているのでしょうか?つ~か、奴よりも胸がないとは始めて知ったw









映像悪いので画像添付はしない方向で
アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月15日(水) 記事No.146
久方ぶりの水曜更新…デスノ書く気にならないんだもの…ネギまも同じく
まぁ、そんなことは置いといて軽く雑記


昨日大学の教室に小説忘れていったんですよ。
気がついたのが電車乗ってからだったのでかったるくて大学残っている奴に代理で頼んだら、ブックカバー(布製 ○印の奴)のみが盗まれてました… orz
本が無事なのはいいんですけど、流石にそれだけ盗まれるとは思いませんでしたよ
本がトワイライト・トパァズだったので、多分一般の人かなww(オタクならもって帰る可能性もあるので

そんなわけでブックカバーがなくなったので泣く泣く新しいのを買いました
Amazonで…(実は今回が初購入
文庫サイズの100円のと630円のを一個ずつ(送料無料にするための本by Fate
代金約1900円…ゲーム代もしくはCD代ガガガ


今度からは忘れないようにしないと…ごめん俺には無理だわw
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月14日(火) 記事No.145
急展開ですよ…って単に今までダラダラやっててストーリー的に…グフゥ

ってことで、一ヵ月後のイベント失敗したら三期生解散。
尺の都合としか言えないこの話での急展開。
ついでに、裏では何かをやっているようで瑞樹関連によるものだと思うが、母親との涙の対面(流血飛び交うの間違い)とかそういうことになりそうな予感です(コネは偉大だし)…

イベントネタを考えるも、結局は各メンバーのやりたいことをやり、自分らしさをアピールすると言う形に。
俺的にはそんなものよりワンナイト漫才の方が(オィオィ

今日の姉貴は完全に悪者にしか見えない実情。(別にいいかw
今回の登場先輩は進藤 あゆみ。地味なところを攻めたな~ 初めての辛さを伝えるのにはうってつけだったのかね?
ゲーム |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月13日(月) 記事No.144
季節は夏…ってリアルでは冬なので水着を見ると悪寒を感じてしまうのは私だけ?
やはり、アニメでの瑞穂の水着ショー含む数多くの水着姿を見ても夏の気になれないのが実情。

そして、生理イベントw
男の身からすれば、あの発言をすることはある種、脳内滅殺発言ですよね~
命が縮む思いなのはよくわかるかと。

ついには紫苑に男と言うことを忘れられるほどの自然な振る舞いをしていたことに、男へ戻る道が遠のいて行くことに落ちこむ瑞穂(ゲームでのCGを久しぶりに再現したものだな

貴子は蛙が苦手だったんだ……
つ~か、瑞穂の水泳話をほっぽってまりやと貴子の水泳勝負になっているのは何故?
過去から色々因縁っぽいのがあるのはわかるが、まりやが突っかかっているようにしか思えない実情(陸上部の誘いをしょうがなく断ったのが理由なんだけど…)まりやはまりやなりに考えがあったような気もするが…ゲームの内容忘れちゃってるんでなんともいえない。

水着回で俺がやると思っていた、憑依ネタ(瑞穂の体に一子が憑依し、その結果憑依中に関しては体が女の子化)をすっぱりカットやがりましたよ。
その代わりが瑞穂の水トラウマ話&貴子とまりやの水泳競技だったのね。
トラウマ話は瑞穂が可哀相なシチュだったけど、そのネタをなくすのに比べたら……
次回は奏のリボン話。




otoboku6-1-1.jpg

otoboku6-1-2.jpg

アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月12日(日) 記事No.143
予測通り転売屋が多く蔓延ってました
とりあえず、軒並みのネットークションでPS3が出品されていました。
ついでに、落札価格が元値の2倍以上のものが多数…
売りに出すのはとめられないだろうけど、そこまで出して買いたい買い手の気も知れない。
ある種、限定物みたいなものと同じ感覚なのかね?
流行とかに弱い、日本人だからとおもってしまうだめなおれw


現在の最大高値約十万(60G.verで)うん。徹夜時間を同様にバイトもしくは仕事をしても4万は稼げる方法は少ないね。
……だからこそ、転売が成り立つんだろうね
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月11日(土) 記事No.142
タイムリーネタだと見る人が多いなぁ~
ま、PS3列よりもコミケ列の方がいろんな意味で上回っていると思うけどね。



最近、ネタがないなぁ~
秋葉原でないのに地元の駅周辺にもメイド服?(ピンク調だからなんともいえないが)の女性二人がいたし…きっと近くのキャバクラとかだとは思うけど……
流行に弱い日本人。
つまりは流されやすいってことだよね?
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月10日(金) 記事No.141
秋葉原では今すごいことになっているようだね~
とりあえず、各販売店舗に合掌~南無…

毎回思うけど、徹夜列どうにかしないと色々うざいだけかと…(整理券渡すのが無難だろうけど、もっといい手段ないのかな?
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月10日(金) 記事No.140
伊吹正式登場・・・もとい紹介回
上条兄妹登場したのでやっとのこと登場しました
内容はゲームでの登場とほぼ同じ?
ただ、伊吹の姉上が始めて姿が出たり、伊吹と仲良くなろう計画があったり増えたに増えましたね…(後者はあまりいいとはいえなかったが
今回はあまり面白くなかったカナ
ただ、ひとつだけ印象に残った場面
それは「準のパンチラシーン」
奴は男のはずなんですけど……あれだけみると男物にはとても見えませんw
暫く悪寒




次回も続伊吹イベント
最近春姫がおざなりだけど、トゥルーENDなのかな?
アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月09日(木) 記事No.139
パピヨン化記念ってことで軽くレビュー。

基本的に原作遵守の作品なので、声って偉大だ~動くってすばらしい~位にしか思えないんですよね。
まぁ、原作遵守ですので、展開が大体わかってしまうことが難点。

ただ、パピオン(この時点ではまだ蝶野?)との戦闘ってこんなにあっさりだった覚えがないんですよね~(むしろ数話ごの話が記憶に残っているから?)
どっちにしても、演出もあっさりだったし…つ~か、ダブルランスにした意味ってあったのか?(槍の二刀遣いってめちゃめちゃ変としか
ま、いいか。
次回キャプテンブラボー本格登場。
ついでに修行
未分類 |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月07日(火) 記事No.138
題名通り。
自分の受ける時間帯のみらしいが…流石にヒドいっす
俺が家でて、乗換駅で運転見合わせを知った。
1030位かららしいが・・・そこまでわかるか~
結局、駅構内になんだかんだで計二時間いましたとさ。(1121~1320くらい)
この時間があれば…・あれば…色々出来ただろうに……敢えて何かとか言わないが
つ~か、某JR線天候に弱すぎ。どうにかせえ
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月07日(火) 記事No.137
ピッコロ(ユニット)回… 正確には振り回される回
つ~か、何故にケーキ…正確には焼き菓子全般かな?…爆発するんでしょう(?w?) ここら辺はアニメ強調的な感じだな


今回はいつもとちょい違ってある休日の一コマ
各キャラたちの趣味・性格等の補完的話でしたね。
瑞樹の母親的場面が多く見られるが(この場合、奴か琴葉の二択になるしね)ただし、禁止ワードが母親だからなんともいえないっすよ…

今回は特に面白くもつまらないともいえないなんともいえない回でした…

今回はかったるぃのでこれまでw




6-1-1.jpg


6-1-2.jpg

模索模索
アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月06日(月) 記事No.136
朝一に幽霊に遭遇して倒れ魘される、由香里。
同じく朝一に逸物も見せられる、一子。見せる、ゆかり、被害者、瑞穂。
やはり、瑞穂はこういう運命かと。

一子が登場するとその世界観を奴に歪められると言うか、インパクトが大きいから話が奴中心になっちゃうのがやはりそうなるのね。

しかし、由香里との打ち解けあうのと外へは…一定の範囲以上寮から離れられないイベントは消化したけど、ほかはかなりおざなりだね。
都合上は仕方がないけど^^;
教会話まで持って行ったし。
やはり、キス(オデコに)で留めたか。俺の予測ではぽっぺだったんですがw(PC版ではそのままやっちゃうので^^:

今回の話的には、一子と瑞穂の22年前の関係。
何故にあそこへ転入することを父親が遺言にしたのかの説明がなされました。一子についてはイレギュラーでしょうが、要は瑞穂は母親との思い出が少なかったんですよ。早くに亡くなってしまったのと、元々体が強くはなかったので、外出もそんなに出来なかったので。
なんで、過去に母親が過ごしたところで過ごさせようとしたらしいですが……お父さん、息子はこんなに美しくなりましたw 結果的に女装をする羽目になっているのですよ

一子がメインになるのはもうないのですが、あのキャラはこゆいので多分記憶に残るでしょう~
ただ、貴子と一子の対面を所望するかな。(由香里以上に面白いことに為る十分だけど




oto5-1.jpg

oto5-2.jpg

画像の出し方模索中・・・
アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月06日(月) 記事No.135
日大の学祭に行ってきました。
といっても、某サークルでずっと喋っていただけなんですけどね(^^;

しっかし、他校の学祭(ほとんど知らない人々)だから居心地は正直悪かったですね。
んでも、自分の大学の学祭にも参加していないので、変わらないかもしれませんね。

サークルの名前は…敢えて伏せとくか……わかる人にはわかるだろうけどアニメ作成を主に置いてるところかと、実際上映会というか、垂れ流しでしたが。
物自体はネタ満載でしたね。ただし、製作スケジュールの遅れが原因で声がありませんでした。台詞についても書かれてませんでしたし。
声ってやはり偉大だと改めて認識する声オタの私でした。

さて、知り合いを通じて何人かとアド交換はしたけど、交友か一体続くのか否かw
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年11月04日(土) 記事No.134
日大法学部?の文化祭にいってきます…
知り合いの製作物でも視てこようかと思ったんですよ。
ただ、問題が……その知り合いが鶴屋さんオンリーイベント(同人即売会)にいっちゃうそうなんですよw
一体どうしましょうかw
まぁ、結果は明日になったらわかるか~

さて、レポの点検でもしようかな


雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月04日(土) 記事No.133
つ~こって、前々から見ている人にはわかるかもしれないが、テンプレ変更
これで、某人に眼が痛いとか、めが~めが~とは、ラピュタばりの発言をされなくて済むかな。
これ自体は前々から変えようとは思ってたけど、現時逃避と自分の誕生月ってことを理由に変更してみました。
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月03日(金) 記事No.132
八当番回…ではなく、某兄妹登場回だろうて…多分

というか、OP微妙に変わったな~春姫の黄昏シーンの変わりに小雪さんの占いシーンになっているし、他にも最後の方で小雪さんアップシーンも追加か…先週からメインチックになったから?(なら、某妹は初めから出ていた理由がわからん

つ~こって、本編。
八よ…どう転んでも君はギャクキャラさ…流石にエロ本?…グラビア本?を開けながら気絶しているって言うのは滅多に見慣れないさ。
幽霊だろうが(本当は違うが)、可愛ければ何でもいいあいつの根性にも見上げたものだが……そして、意識回復後は先生軍団の説教大会になるんだろうね。描かれてはないけど。どっちにしても、八の好感度は絶対零度ばりにさがっていくんだろうね

八復活。つ~か、雄馬よ。普通に開けてみてるんじゃないw(春姫たちもいるじゃないかw

因みに、まったく反応はないが、夏服になっている。魔法服はそうはならないだろうけど。意外と普通かな~。爽快的な色はしているが。

つ~わけで夜の校舎。肝試しというよりも八の幽霊探索だな。小雪さんの不吉な予感は誰に対してものなのかはわかりませんが
どちらにしても、八の妄想はかなり自分勝手だな~w

次の夜。四次元エプロン正式登場。つ~か、それに対する突っ込みもなしですが^^;
大量の小型?たまちゃん登場。ファンネルみたいだな~。

そして、屋根裏に(本当は屋上なんだけど)いったたまちゃんから連絡取れなくなった。杏璃突撃!自分の魔法で自滅の通常パターン。

端々に出てくる男の影。毎回違うところにいるのは方向音痴だからw
そして、これが某兄貴
つ~か、伊吹の声ってこんなに低かったっけw

八が幽霊…でがなく沙耶を口説いている頃、学校は大変だった…
つ~か、微妙に杏璃オチ?

妹の叫びに駆けつける、兄。
木刀のマジックワンド。珍しいっていっちゃ~珍しいね。
結局は兄一条姉妹の登場回と、八の不幸回を絡めただけでしたチャンチャン

こんな醜態はさらさない人生を過ごしましょうw
hapinesu5-1.jpg

hapinesu5-2.jpg

hapinesu5-3.jpg

hapinesu5-4.jpg

hapinesu5-5.jpg

hapinesu5-6.jpg

hapinesu5-7.jpg

hapinesu5-8.jpg

画像の張り方かえるかな~流石に醜い^^;
未分類 |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年11月02日(木) 記事No.131
レポート書いて、レビュー書いてカイテカイテカイテ……
しばらくそんな日々が続きすぎました。
完璧に疲弊中~
明日はとりあえず、はぴねすかなんかのアニメレビューはするであろうけど…小説レビューはかなりつらいっす^^;
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。