• 2006年10月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年10月31日(火) 記事No.130
瑞樹の路線ツンデレだよね?
どんどん初期のキャラと変わっているのですが……
とりあえず、水着が嫌いな模様?何かしらのコンプレックスか?トラウマか?


今回は片桐 沙有紀当番回。
毎度思うことは過去にマネージャーしたことある奴には全てフラグ立っているんですよね~
これで手を出していたら、今頃PCゲー?
チーフマネージャーの姉貴がいるのはわかるが、何故に水着??
多分、暑いからとか個人的な考えなんだろうなと予測。
んで、今期メンバーの水着シーン。
まぁ、ある程度ボケもあるが、やはりあそこでスク水は…ね。それも何故に男が群がるw?(男の大半はあの手の服に弱いのか??…俺はそんなことないけどね~

とりあえずは、智弘は鈍感と言うことで…(そうでなかったらフラグのたち状況が全期メンバーに及ばないかw
客観的に、お話としてみる鈍感は好きではありません。(リアルの知人がこの手に鈍感なのを見たり冷やかしたりするのは好きですけどね。

んで、三期の演技。
練習では揃っていた模様なんだが…、本番前のテストで最悪な結果に…私見では緊張もあるだろうが、猫の爆走が原因のようにも思えちゃったり(その手の道に行きたい奴だったはずなんで


とりあえず、沙有紀は「かわいい」と言って欲しくて、三期メンバーとの競演をバーターした模様

やはりオチは予測通り…ですか





rabudoru5-1.jpg

rabudoru5-2.jpg

12歳にこれはヤヴァイっすよ…画像に違和感あるのはご愛嬌
rabudoru5-3.jpg

スポンサーサイト
アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月31日(火) 記事No.129
同一回の二度ネタはつまらないのですよ~(それもオチだし。

というわけで個人的呼び名かしまし幽霊こと一子の登場回でした。
夜にはあまり聞きたくないような高い声のマシンガントークでしたね。
あのせりふは覚えている感じではほぼ原作通りだったかと。
唯一声優変わっても違和感がないようにも思えたり。

今回の話の趣旨は一子出現なので、内容的には殆ど進んでませんが、原作のある程度の重要部分は踏んでいたかと。


まりやの幽霊話(何故その話を始めたかをまったく飛ばされていますが

由香里のお化けが苦手発覚

瑞穂の部屋に秘密。また、なぜ、あそこに住むことになったのか

貴子に幽霊話を話す。貴子も幽霊苦手発覚

由香里と添い寝

まりやに発覚。勘違い?で大暴れ?(これは原作にあったっけ?

奏の寮の幽霊話続報

ポルターガイスト?奏が御札破るw

一子爆誕

一子マシンガントーク

一子と添い寝。一子は瑞穂にのみ触れる…ならどうやって布団にかぶさっているんだw

まりやに発見される。由香里のときと同様に…
END

ただ、ヨダ絵が今回もないのが嫌ですね。
このまま通常時にはなさそうな予感(アイチャッチを除く


otoboku4-1.jpg

otoboku4-2.jpg

otoboku4-3.jpg

otoboku4-4.jpg

otoboku4-5.jpg

アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月30日(月) 記事No.128
けよりなのアニメ四話
半ばくらいにパンツいっちょでのカメラマンとの会話が変わっていました
というよりも、録画映像がフィーナ達の風呂シーンの前に、主人公の人工呼吸未遂シーンが入りました・・・
つ~か、奈月顔がばっさり切れているんでわかりませんw
ただそれだけを書きたかっただけですw
アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月29日(日) 記事No.127
小説レポ延期しそうw
カラオケでなんか心身ともに疲れました・・・・・・・
七月の病気以降、なんか精神にシコリが残っているらしく、行動がかなり制限されてたり^^;
唄関連でもそれが適応されるらしく一定以上の不可を長時間喉に与えると微妙に吐き気?と言うかなんともいけないものが迫ってくる気分ですよ…
つ~か、俺の歌える歌は男の高い系(ジャンヌなどは除く)の唄から女子の低い系なんですよね~
持ち歌の殆どがオタソンもしくはボーカル女子ばっかな訳ですが・・・


今日の悲しき点
DAMでうたうつもりだったのに、満員でジョイでした・・・orz
俺の歌う予定の大半が消えた・・・・・
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月29日(日) 記事No.126
代理でDS買うのを頼まれた奴に今日やっと渡した…
なんかポケモンパールを買ったと意気込んで?いたよ…

ただね、ちょっとおしゃべりが長すぎた…
ざっと二時間www
よくもまぁ、そこまで話が続くと自分でも思ったよ。
おかげで小説レビューできないわけだがw
とりあえずは明日以降ということで…
明日はカラオケだけど・・・そっち優先にしちゃうかもw






今日のグサットくる場面
↑はマンションの玄関で話していたが、そこへ同住民(確か高校●年の女子)が携帯を掛けながら入ろうとして、うちらをみて「誰かいる!」といい違う入り口へ向かいました…
なんか、微妙に会話が聞こえたが悪口?を言われているような気分になったのは気のせいかな?(会話内容は聞こえてません。ボソボソという会話音のみ聞こえた…

これはオタクゆえの考えなのか?だとしたら既により末期へ  orz
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月28日(土) 記事No.125
変な所だけ力入れてますね~
突起とか、亀裂とか^^;
ただ、女子面子の頭と体の比率がおかしくないか?
力入れるところがかなり深夜帯に偏ってるな……
夏には闇の中で蠢くカップルが急増する実例を見えるのはいいが…いぬかみノリの男はヤメレ
三話で告白し、速攻振られた(色々訳ありだが)珍しい主人公のお話。
この話はDCよりもドロドロっぽいな…それも初っ端から
ある人曰く、男と女はどろどろなのさ。とのことだが、これはその通り!だな。
しっかし、江戸はどうやって兄妹の間がギクシャクしていることを知ったのか?
全て裏目にでているわけだが…そこらへんは奴のクオリティーということで。


やっと、魔法使いが正規の役割で登場したがシーンへの繋ぎになるとは^^;
つ~か、霧乃の吹っ飛ばされ方おかしくないか?
アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月27日(金) 記事No.124
リアル中継
今回は小雪姉さん回・・・というよりもたまちゃんの回
たまの正式名称が初めて出たし…
珍しく、りらっくすネタが登場……。しかし、この時点で伊吹がいないため黒たまは発生せず。
また、こねた奴の性格がモロに出るのはいいけど、声まで同じとは…w
このタマちゃんが問題がを発生するわけで、杏里オチではないだけ進歩した?
ワンドって魔法で作るんだ(お気に入り?のものを媒体に)ある意味、使い魔の召喚みたいだな。
しっかし、たまちゃんに対する行動がなんか違和感あるな…ゲームでは面白おかしく苛め抜くはずなのに、今回は愛情に溢れているような~

ダウジングロッドの助さん・角さん達まで出てくるし…って笑いネタないままおわりなのか…というか、今回はエプロン常備だし…それでも四次元ネタがないし…


総評
やはり、原作と微妙に違うな~
ゲームでの笑いネタを描かれていてもただそれだけだし。
雄馬は魔法に関することはかなり悲観的だし…ここまでなはずはないんだがな…
次回はまたもやオリジナル番外ストーリー
某兄妹もきます…が、ゲーム本編通りの話っていつになったら再開?
ついでに夏服仕様になる模様…ゲームではなかったから今回が初?








hapinesu4-1.jpg

hapinesu4-2.jpg

hapinesu4-3.jpg

hapinesu4-4.jpg

hapinesu4-5.jpg

アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月27日(金) 記事No.123
皆さんはこれを食べたら高確率で腹を下すものはるでしょうか?
例えば朝一の牛乳とか…
自分も朝の半熟系の卵は結構危険なんですけどね~
それ以上に24時間キシリトール系の食品は高確率で下します。
ある意味、下剤みたいに^^;
ついでに昨日今日ガムくったのでなんかかなりゆるいです^^;
今日は寝れるのでしょうか…

今日はうたわれるものの発売日。各サイトで盛り上がっているところも多いでしょう。
実際、知人からもうたわれ買った~とメールが来ました。
だけどね?まずは壊れたTV買い換える方が先だと思うんですよ…
買ってもやれず…初回特典でもニヤつきながらみているのでしょうね…
さて、明日ははぴねすなどのレビュー書く予定…
見るものは多いけど継続して書くものは実質決まっちゃったかな?
武装はまだパピオンハッチャケませんし…
スパロボは坦々とこなしてるだけだし…
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月25日(水) 記事No.122
デスノは漫画をそのまんま消化しているようにしか見えないな・・・書く気にならないのでパス

今回は本館に小説レビューを追加したことのお知らせ

某知人がこっちで書けということによるのと、ちょうど一巻からの本を読んだので…
純粋?に感想もしくは話の説明程度ですが……

レビューばかりで疲れるんですが…この疲れのハケ口はどこへ向ければ??
現在PCゲーは面白くないものばかりなのでやってもスルー中…
それもあって、現在アドバンスゲームをやっています・・・
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月24日(火) 記事No.121
いつの間にかなし崩しに榊 瑞樹加入してるし……
しかもめっちゃ素直というか…今までとはキャラが変わったようにも見えます…
実際今回セリフが少ないんですけどね^^;

今回は瑠璃の暴走記。
瑠璃はお兄ちゃんが大好き、だからお兄ちゃんの手伝いがしたい。
ってなコンセプトで行動するわけだが…
ごめんなさい、こういうタイプはなんか好きになれない…
まずは、君はアイドルの側なんだし、どうやっても二束の草鞋なんて無理なんですよ……
引退とは瑠璃のマネージャー業の引退だったわけですが、引退以前の問題だったかとw
まぁ、今回を機に瑠璃は声優要員となるわけだがね~
話はずれるが瑠璃と美樹ってかなり仲が悪いな。
智弘への接し方の不一致なのかな?
また、犬の声で普通に猫の声って・・・(しかも振りつきで
犬が猫の鳴き声をする話……なんかあったような気がするんだけどなんだっけ?




rabudoru4-1.jpg

rabudoru4-2.jpg

未分類 |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月23日(月) 記事No.120
ヨダ絵が少ない!!!今回はED分抜けば実質一回しかでませんでした。
メインディッシュがないコース料理のような気分でしたね。
まぁ、それはさておき三話でやっと本作の一話が終了どこかのサイトでも言っていると思いますが、エルダー投票までの課程がかなり吹っ飛ばされているのでまりあ達の働きによって八十数%の投票を受けたような印象でした。
アニメでは、運動神経抜群・成績優秀・容姿端麗なのは表現されていたが、料理以外はほぼトップクラスの腕前であり、それを生徒が知った上での投票だったはずなので…
生徒会長さんの演説は原作通りだったみたいだが、声が違うと印象が変わり同じ台詞とは思えない(君望の青い人が言っているようにしか感じられない悲しき俺
後は紫苑をかついで飛んだけど…原作は飛んだんだっけ?また、飛ばなくても別にすぐ近くに階段あるのにw
飛ぶ方がむしろ重病だったとき紫苑に負荷がかかるのでは?

早く水泳にならないかな~(ある意味反則技が出ることがお楽しみw
otoboku3-1.jpg

otoboku3-2.jpg

otoboku3-3.jpg

アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月22日(日) 記事No.119
間の補完として書くことにしました。
BL後期の最初の話ですが、漫画では確かロックが仲間になった次の話だったかな?

色々な意味でグロイです。
私が知る限り深夜らしいグロイ話ですね。
ここ最近は系統に関係なく深夜になってますから^^;

あの双子はある国の政策に生まれた、政策孤児というべきものでした。
実際に中絶を禁止する国、もしくは独裁者がいるかは不明ですが(中国はその逆をとっているわけだが)、結局貧しい国の孤児の行く道の闇を見た感じでした。
実際あ~ゆう狂戦士になるのは漫画の世界のみであろうけど、慰め物になっているのも又事実である可能性が高い。
最後にロックに見せた無邪気な一面もあの子の本質のひとつなのですから…なんかアニメのレビューらしからない内容だけど…あの話をみて双子の不憫さのみを感じたので…
アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月22日(日) 記事No.118
疲れていたので昨日は結局かけなかった落ち・・・(いつの間にか寝てました
というわけで昨日の出来事。
私はDSLを買いに行きました。
自分のためではなく、知人に頼まれてなんですけど…
当日は近くのヨーカ堂でも各10台限りで売っているんですが、敢えてアキバに行きました。
理由はポイントが欲しかったからw
まぁ、了承したのもこれが理由と言えば理由なんですけどね。
というわけで、朝九時にアキバのヨドバシに到着…って人が並んでるしw
OK~OK~これくらいネットの事前情報通りじゃないか・・・
ってことでドアの付近に待機しながらまつこと…
人がダンダン増えてるしw
それも老若男女…日本人から中国・中東?系のひとまで・・・
このころから警備員の人が
「希望の物(DS)は皆さんの分はきちんとあります。ですので走らないで下さい」
結論から言えばその言葉を聞く人はいませんでしたw
0930となり、ドアが開くとともに開けた警備員を押したおすが如く皆走りぬけエスカレーターを上る…
その中には子供もいるわけですから危ないわけですよ…
どうにかならないものか…
その後6階につき列に並ぶんですが…普通に割り込みしている人多いんですけど^^;
私が近くにいた範囲では中国人系?(とりあえず、日本語で話していなかった)人が多くやってましたね。最終的には店員に引き渡して列最後尾に並ばされるんですけど…。外国では割り込みが普通なのか?と思うシーンでした。
最終的に開店後
、約30分程度で買えましたが、局所的にコミケみたいで疲れました…
感じ的には始発到着の国際展示場付近の人ごみを移したかんじ
子供がいる分より危なかったな…わかる人にしかわからないね(心が子供な人は多いけど^^;
高島屋とかに正月の福袋を買いに来る人の開店時の状況のほうがわかるかな?

とりあえずは、多分行かないと思うからいいが、早くこの状況なんとかしようよ…
wiiでも同じことが起きそうな気がする自分なのであった・・・
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月20日(金) 記事No.117
うちのサイトにもやっとバナーができるようになりました。

つくってくれたのは永戯屋の管理人さん
バナー

URLは本館でもここでもOkです。
これをきにlinkってくれる人がいるなら嬉しいな

未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月20日(金) 記事No.116
伊吹が毎回徘徊シーンしかないな~いい加減絡めようよw

つ~わけで、はぴ三話。
作画が崩れていますが、某夜明けのアニメは黒歴史化になったのに比べればまだまだなんでしょうね~
話し内容的には完全オリジナル。
そして毎度毎度春姫は雄馬の一つ一つの反応にびくびくしています…
しかし、あの母さんは体よりむしろ心が若すぎる……

やはり、春姫を主軸にもって言ってる分微妙にギクシャク・・・
エロゲ主人公の女関係でびくびくしていたら心臓が持ちませんw
しかし、完全に春姫は子供の頃のあの少年=雄馬としか思ってないと言うかなんと言うか・・・
次回は俺のお勧め?の関西弁浮遊霊使い魔?なたま公の話…中の人は同じだけどw
hapinesu3-1.jpg

hapinesu3-2.jpg

hapinesu3-3.jpg

hapinesu3-4.jpg

hapinesu3-5.jpg

hapinesu3-6.jpg

アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月19日(木) 記事No.115
朝一です・・・といっても七時ですが。
流石にナンカ書こうと思って・・・ね

日々PCゲー社会からバナーを張りまくっていますが…また増えそうですw
バナー繋がりで。
数少ない知人の絵描きのひとりがうちのサイトのバナー製作してくれるそうです…というよりやっと完成です(七月当初から話はあったんですけどね^^;

近日公開になるとおもうんで…
ただ、うちのサイト名めちゃながいから簡略すると言われちゃいました…けよりな風だったらののだし(某ちっちゃい関西人かw
無理矢理やってもるりべにとかだし…
そこら辺にも期待?でもしておいてください…
ま、こんな弱小サイトに期待する人なんていないよな……

刹那に相互link募集…自分がよく見ているサイトにでも打診してみようからしら

雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月17日(火) 記事No.114
知人になんでらぶドルのレビューなんて書いてるの?みたいなことを聞かれました・・・
答えは単純火曜日は講義午後からだkら暇つぶしで書いちゃうんさ。

つ~わけで、レビュー
はっきり言って、過去回想(僕に復讐の手伝いをさせて欲しいect)シーンが多すぎ!!
瑞樹の葛藤を表したいんだろうが流石にうざいです。
また、瑠璃はアホの子的発言しかないな…

全体的に今週はショコラの回…のはずだけど、イマイチ存在感のない話だったね。
結局瑞樹を三期メンバーに入れる要因(公式で発表しちぇばみたいな既成事実)を含める回、人前で歌う楽しさを知る回という感じだったね。

視聴者的にはショコラ=前座と言うかかませ犬というかそんな感じに見えたのでは?

また、瑠璃の言うらぶドルは六人でないと駄目といっているが…それは結局ホントなんだかわからないな…

つ~か、挿入歌の果てしのない空って片桐が作詞なんだ(ヘェ~


結局見続けるが…それは月曜に見るものがほかにないからだろう・・・w
rabudoru2-1.jpg

rabudoru2-2.jpg

rabudoru2-3.jpg

rabudoru2-4.jpg

未分類 |  トラックバック(1) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2006年10月16日(月) 記事No.113
この番組、動くヨダ絵とちょっと(?)過激な生徒間のからみ(大半は瑞穂へのからかいも含めているが)で成り立っています…(自己解釈

おおむね原作通り。1クールにしては微妙に遅いようにも見えますが…やっとエルダー制度が出ましたし。
今週は紫苑との絡み…正確には瑞穂が男と言うことがばれるんですけど、ここまでの話が簡略さえているので何故にばれたのかがわかりにくいように思える。(確か紫苑は人の雰囲気とかに敏感だったような記憶があります。
来週から貴子との絡みが発生するんですけどね、この時点だと生徒会が横暴チックに見えなくもない(君枝は確実に金魚の糞的な配役に見えてしまう…)

この時点で、主要面子が……ってまだ幽霊が残っていますが、そこらへんはスルーするとして。
やはり、声優が、大体は許容範囲内だが一部がやはりだめだね(個人的なため役名は伏せる)
嫌いなキャラタイプなためかもしれないが苛立ちが出るほどとは…
絵風は違うけど似せようと言う努力は感じられるが、それ以上に絵が荒れなければ今は何も言いません…
どうせ、紫苑ストーリなのだし、要所を押さえてくれればいいがね。



otoboku2-1.jpg

otoboku2-2.jpg

otoboku2-3.jpg

otoboku2-4.jpg

otoboku2-5.jpg

otoboku2-6.jpg

アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月15日(日) 記事No.112
ちょっと個人的なことより話を書かされる私…
妄想で食えたらいいですけど…
天上天下無敵鈍足執筆の私にとっては酷の極みです。
一番はキャラの名前ですけど……
含みを持たせないような奴ならいいかもしれませんが、含みありだとすっごく悩む
とりあえず、原案だけはまとまっているが、完成するのか大いに不安な感じです…



とりあえず、鈍足ライターって俺みたいな人間なのかなw
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月13日(金) 記事No.111
作画の向上は期待できませんね…今期のエロゲ原作アニメの中では、最下層かな?
しかし、いつかは慣れるでしょう…それまで我慢…
しかし、シナリオ改変があったのは流石になぁ~
春姫視点での話なのはいいが、小雪先輩のエプロンが!!四次元?ポケットが!!たま公からの魔法?みたいな物になっちゃった…あれは四次元たまちゃんでいいのか??
また、皆でお茶と間違えて老酒(だったはず)飲んでのドンチャン騒ぎもお酒の雨になっちゃってるし…
すももストーリでないときは数少ない絡みなのにな~こりゃ、不憫なw


準の男バレは早い気もするが、まぁ~これは妥協……
しかし、雄馬に近づく女ごとに「小日向君には彼女がいるのかしら?」的な乙女心?行動は何回もすると……ね。

全体的に見て、本作の面白さは今期アニメの下層にありそうだな…
hapinesu2-1.jpg

hapinesu2-2.jpg

hapinesu2-3.jpg

hapinesu2-4.jpg

アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月13日(金) 記事No.110
体調不良・・・というかこれがデフォになりつつありますが、これにプラスしてレポートの鈍足がたたり、昨日一昨日はレビューかけなかった…アニメは見てたけどw
とりあえずは、はぴねす、ギフトhかけると思うので・・・

今日一日で1キロやせてた・・・運動してないんですが~~;
夕食(2100)までに口にしたのがバナナ1/3 チョコ数欠片 午後茶500mlだけでしたがw
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月10日(火) 記事No.109
三期メンバー含む各キャラクターの性格を垣間見る回でした。
まぁ~前回はキャラ紹介と言うか、顔見せ的なニュアンスの高い回だったですし、半分は一期・二期メンバーの歌謡ショウだったので(ライブといえよw
それにしても前知識ないと過去メンバーについてはわからないな~
どんな経緯で主人公藤沢智弘と知り合い、メンバーになったかはネットで見ればある程度は補完できるが…やはりやるべきなのか!?
また、最後に榊に渡したのは喉の保護関連グッツかな?何故驚いたのか不明だし、そもそもいままで持ってないほうがおかしい気がするが…

作画アレの心配は今のところ問題はない・・・むしろ年末になると荒れそうな気がするが^^;(現状は顔UPが多いから荒れにくいし
三期でこの段階で好きそうな奴は…猫谷かなぁ~後、姉さんw

しかし、おちだけは予測できたが、いつまでメンバー参入を伸ばす気だろう?というか、あの妹完全に噛ませ犬(意味あってるか?)というか、引き立て役になっているような…
次回出演過去メンバーはショコラか…全然わからねぇw




rabudoru2-1.jpg

rabudoru2-2.jpg

rabudoru2-3.jpg

rabudoru2-4.jpg

rabudoru2-5.jpg

rabudoru2-6.jpg

アニメ |  トラックバック(2) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月09日(月) 記事No.108
DCSS製作面子がアニメーションを製作したアニメ…
声優は総入れ替えにより、原作者含む多数のファンに色々叩かれたある意味悪夢的なアニメ。

私も声優総入れ替え・・・正確に言えばAlice⁵応援アニメ化には反対なのですが^^;
原画については腐ってもあそこが作っているだけあってある程度安定はしている。しかし、原作と酷似しているというのは微妙なところ。
DCSSと同じ絵なので…実質判子絵にしか見えない…
原作特有のSDキャラも出しまくっているのでそれで補完でもするのか?
テンポがいいならいいですが…EDの大半をSDキャラにするのは流石にうざくなるっすよ…


声は、個人的にはかなり批判ありですが、比較的原作に近い声を使っている+フルボイス版をやっていないから瑞穂だけは違和感がでようにないので…ぎりぎり妥協点を得れるかな。
ただ、一部は駄目駄目ですがw
ただ、なぜに先生を榊原にしたのか不明ですが…原作で挿入歌とか唄ってたから?
余談では、榊原はED系のしっとり曲は個人的に好きではないのですが^^;

どっかの陰謀に加担しているような気がしますが、エロゲー原作にしては総合的には総合はよい
エロゲー原作だと、声が原作のままか、絵のクオリティーを取るか、二択になっちゃうんですよね…
otoboku1-1.jpg

otoboku1-2.jpg

otoboku1-3.jpg

otoboku1-4.jpg

↑どう見ても美春に見えてしまう自分…orz
アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月08日(日) 記事No.107
ST280001.jpg

ぱじゃまソフトからのバナー応援特典…抽選系は未だ当たったためしがないですけど…
意外と大きかったのでどこにしまっておこうか…そこらへんが問題…

後、お願いだから会社名をそのままぱじゃまソフトで送るのは止めてw
親に見つかったときにどんな反応すればいいのかわからなくなるw
今回は俺が受け取ったからいいけど…(ぱじゃま屋とか苦しいいいわけを考えたある風の強い日のブログ
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月07日(土) 記事No.106
SEEDのCLAMP版的なものにしか見えないが、面白そうかな~
今は、チマチマレポ書いているので、レビュー話の方向で…

もぅそろそろ今期レビューをするものを確定するので…
流石に、一週間に見ているの全部書いたら実生活に支障が^^;
雑記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月06日(金) 記事No.105
どうしてアニメ化できたのでしょうかw(ヒド
声優総入れ替えで俺的にはかなり評価を下げてますw
曲芸戦法の真似と言うか、其の通りなんですけど…
主人公は秦だし、その他声優もなんかDCに似ているような気がするんですよ。
絵もなんつぅ~か、かんつぅ~か原作CGを使えば言い訳ではないんですよw
話はなんか改変あり・・・というか、
主人公が寄りエロくなってないか正確にはより変態に!?
ローリー意外とかっこいいしw
無理矢理世界観説明&キャラ説明をやっている感がバリバリ出し、なんともいえません。

歪んだギフトだと、虹にも変化が起きるって新事実まででてるし…

とりあえずは、曲のためにおよびこれから先の向上を祈って…みるか

アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月06日(金) 記事No.104
主に原作プロローグのハルヒ視点版って所でしょうか。
普通に雄馬でやった方がドタバタチック(準との話)で好きだけど、これはこれで新しい形の話かな?
話は微妙に違うのはアニメ仕様ってことで…
学校での事件(ガス爆発…本当はチガウケド)の真相とか、すももや先輩がかなりおざなり…やはり、春姫シナリオだからなのかw

それにしても、アニメ版の魔法効果及びそれに付随するものがかんなりおざなりです。魔法暴走の爆発もなんだか微妙だし・・・
これなら、ゲームの方が普通にいいっすよw
また、絵のクオリティも相当アレなレベルなんですけど…
デスノばりとはいいません。少しは原画に似せるように出来なかったんでしょうか?

hapinesu1-1.jpg

hapinesu1-2.jpg

アニメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月06日(金) 記事No.103
ツンデレを越えたメガデレアニメらしいが、今はそこまでいきません
まぁ~しばらく(アストラルファイヤ事件後くらいまで)は過度なデレデレははないだろうけど
基本原作遵守かとおもうけど…ストーカー男なんていたかな?
しかし、生徒会メンバーの印象がちょっと変わったな~声って偉大だw

絵のクオリティーはおおむね良好。
原作の絵と少し雰囲気が違う気がしますが、慣れれば普通かと。

ビアトリス…無限の可能性を秘めた物質。
つまりは、何でもありの物資なわけですけど…アニメでの説明皆無なので、どうやっても絢子の怪力がビアトリス制御によるものなのかわからないぞw
とりあえず、エレメンティアが来るまでは微妙かな~

アニメでも何故、護に一目惚れしたのかよくわからないな…ショタ好きってオチは・・・ないかw
アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月05日(木) 記事No.102
ジャンプで打り切りにあったにもかかわらず、アニメ化に成功した稀有な作品。
個人的には好きなんですけど、最近のジャンプ読者(アンケート送ってる人)には会わなかったようで…連載再開しないかな~
ってなわけで本編を。
話自体は原作遵守。だったかな?
絵は微妙なレベルですが、おおむねクオリティーは安定している模様。
一話だけ見る限り、武装錬金の描写は気合はいっているので、そのまんまで行って貰いたいね~しかし、戦闘時の斗貴子さんの眼が逝っちゃってるのが・・・
格言のはらわたをぶちまけろ!は何度聴いてもいいねぇ~(とてもエルルゥがいってるとはw
多分2クールだろうけど、どこまで話を進めるのかな?
busou1-1.jpg

busou1-2.jpg

busou1-3.jpg

busou1-4.jpg

アニメ |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月04日(水) 記事No.101
簡略プレイ~
ってなわけで、あの黒歴史アニメを忘れてみようと思います。

製作面子はぱにぽにのアニメ作った奴ら。…子供先生に縁があるな。
奴ら独自のノリ(黒板の落書き)を魅せつつも~あきらかに絵能力はこっちのほうが明らかに↑
ただ、原作とはちょっと話を変えているので、かなりすぱっと流している所(カモ君の初期から参入等)やネギがつけているブレスレット?など新しい設定もあります。
また、時間が夕方なのでパンチラとかはありません
むしろあるなw

話はおおむね普通。
絵がぱにぽに化しているので見間違えそうですが…
何故か、教室等も新設定になっていますが、全キャラを表現しやすくするためにしたのでしょう…
暫くはエヴァンジェリン戦かな?ってか、来週速攻パクテイオーっていいのか?

まぁ~多分継続できそうなアニメでしょう~
デスノートの後のレビューがこれだからなんかギャップが・・・orz
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。