• 小説 カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年09月06日(水) 記事No.74
小説の紹介&レビューです。

この小説は富士見ミステリー文庫より出版されてます。
富士見ミステリー文庫は多分、あまり知られてない又は知名度の低いものだと思います。私も全然は出版している本知りませんしね。

今回の紹介本ROOM NO.1301シリーズですが、私は現在2巻までは読んでます。
6~7巻以上は出てると思いますが……
この本は知人曰く、「誰としたかを綴っている物」
私は、この文句の審議を確かめるべく読みました。
実際カラー面に、誰としてるか(回数つきで)を書いてたりしてるんですよね。
しかし、直接的なそのときの文章表現はありません。ある意味「…」で済ましています。
これは、終わりのクロニクルと同じ感じかな?そのギリシーンの絵がある分こっちの方が進んでるかな?

内容は、おおまかなストーリーでは、主人公の健一の愛についての探求ストーリーです。
進み方自体は、単調です。盛り上がりも何もありません。
線にすると心拍停止状態ですかね~
話はちゃんと連続性があるので総合的には普通なんですが、坦々と書かれている分、面白みに欠けるという思いをする人は多いかもしれません。
ミステリー分はほどんどありませんが、愛についての考え方を著者なりにまとめようとしているのかな?


人格破綻者的な13階の住人達や主人公を取り巻く知人・姉・恋人達のお話です。
暇つぶしにはなるかもしれないので、ここに書いておきます。
(残巻を読んだら追記するかもしれません。





これ、何故ミステリー文庫で出版って程、ミステリーがないんですけど^^;


スポンサーサイト
小説 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年08月30日(水) 記事No.66
とりあえず、今頃書くかって突っ込みはなしの方向で~
今頃になってよんだんですからw
書くネタもないし、これに決めたってことで。

07のムシウタは有夏月が主人公の話です。
と言うか、大喰い戦からかっこうは全然でてこないし~ふゆほたるはヒロンすらわからない程名前しか出てこないんですよね。

ちょっと逸れましたが今回の舞台は北中央支部の管轄地です。
虫に寄生されている人間と、虫憑きの存在を…物事の真実を知りたい二人の魔王と呼ばれるものの話でした。

虫憑きではない人ってのはバグと似た感じがしますね。それでも複数の虫を扱えるものなんでしょうか?
能力も反則的でしたしね。虫を喰う事によってその地域に虫の能力のみを発現させる。また、その虫の栄養を自分(虫)に供給できる。
ついでに、虫の存在を知ることが出来る…単体で此れほど能力が揃うと一騎当千って感じが^^;
もしも、完全体になっていたらどうなっていたのかはifの話。
また、奴はいつか虫憑きになりそうですね、特殊型で。

自分的には愛恋のジャーナリスト根性には感嘆させられましたね。
ご都合的に生きて(欠落者)いますけど、奴の能力自身は大喰いタイプというよりむしろ異種って感じがしますが。


ここ数巻では世界を広げて言っていますが、どうつなげていくのか?
そこら辺はライトノベル好き者・物書き初心者としてもいい作品かと。

バグ4も読んだら書くかも…


小説 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。